研究プロジェクト

地球表層環境への温暖化影響の監視を目指した酸素・二酸化炭素同位体の長期広域観測

国立環境研究所がこれまでに構築してきたアジア・太平洋地域に広く展開する大気観測網を活用し、炭素循環に対する温暖化の影響を監視することを目的とします。具体的には、大気試料を採取し、炭素循環の指標となるCO2の炭素安定同位体(13C)および放射性炭素同位体(14C)、さらに、酸素濃度の広域観測を実施し、炭素循環の時空間的な変化を解明し、気候変化との関連を調べます。

関連サイト/記事

関連研究者